より効果を実感できるおすすめプラセンタ・サプリの選び方を徹底ガイド

効果があるおすすめサプリを知りたい!こだわり派のためのプラセンタナビ

肝機能

プラセンタには、肝機能を強化する働きがあるとされています。なぜプラセンタが肝機能に効果があるのか、そのメカニズムや、より効果的な改善方法、口コミなどをまとめて解説します。

肝機能に効果が出る仕組み

過度の飲酒や食べ過ぎなどを原因として、脂肪肝や肝硬変など、肝臓の機能が低下する疾患が起こることがあります。その場合、肝細胞がダメージを受けたり壊死してしまい、機能を回復するのが難しくなります。

しかし、プラセンタに含まれている成長因子が、ダメージを受けた肝細胞を活性化させて、再び肝機能をアップさせることができるのです。また、プラセンタには、肝細胞の壊死を進める要因のひとつである活性酸素を抑制し、肝細胞を守る作用もあります。

プラセンタによる肝機能を改善させる効果についてまとめてみました。

プラセンタによる肝機能の改善効果

  • 成長因子によって肝細胞を活性化させる
  • 活性酸素を除去して肝細胞の壊死を防ぐ

プラセンタを利用した肝機能改善法

プラセンタを含む製剤として認可されているラエンネックという注射液は、慢性肝疾患の肝機能改善のための薬剤として保険適用されています。内科などのクリニックで肝機能に問題があると診断され、プラセンタ治療を行う場合は、このラエンネックの注射が一般的な治療法です。

プラセンタを利用した肝機能改善法の口コミ

健康診断で肝機能の数値が高く、心配した家族にプラセンタ注射を薦められました。試しに受けてみたところ、疲れやすさやだるさを感じにくくなり、体調が良くなったかなと実感。再検査の時には、数値が正常になっていました。(40代・会社員)

プラセンタ注射とサプリメントを2年ほど続けています。お酒を飲む前に注射を打った時は、悪酔いがなくなって二日酔いもなかったと思います。美容目的でプラセンタを受けているんですが、肝機能にも効いていて一石二鳥ですね。(30代・会社員)

プラセンタ注射を続けていたころは、お酒を飲み過ぎても体調が落ちることもなく、体が疲れにくいという効果もありました。ただ、毎週のように受けていると費用が高額になってしまうので、現在はサプリメントで落ち着きました。(40代・自営業)