より効果を実感できるおすすめプラセンタ・サプリの選び方を徹底ガイド

効果があるおすすめサプリを知りたい!こだわり派のためのプラセンタナビ

アトピー

プラセンタが持っているたくさんの作用は、アトピー性皮膚炎の治療にも効果的だと言われています。アトピーにプラセンタが効く仕組みや、どのような治療法があるのか、実際に体験した方の口コミなどを紹介します。

アトピーに効果が出る仕組み

アトピー性皮膚炎は、体内に入った異物に対して反応する免疫反応のひとつ。花粉やハウスダストなどのアレルゲンに対して過剰に反応してしまうことによって起こるのですが、過剰反応を起こす原因はリンパ球の異常にあります。

プラセンタをアトピー性皮膚炎の治療に用いると、炎症を起こす大元である過剰な免疫反応を抑える作用が働きますし、自律神経の調節作用、血行促進作用などによって白血球の働きを促し、異常なリンパ球を排除できます。

他の治療薬のように、起きてしまった炎症を抑えるだけでなく、アトピー性皮膚炎の根本治療が可能となるわけです。

プラセンタのアトピー性皮膚炎に対する効果をまとめると、以下のようになります。

プラセンタがアトピー性皮膚炎を改善する効果

  • オメガ3系多価不飽和脂肪酸やビタミンDが免疫反応を抑制する作用
  • 炎症を抑える作用
  • 抗アレルギー作用
  • 自律神経調節作用

プラセンタを利用した効果的な改善方法

化粧品としてプラセンタを用いる方法も考えられますが、肌への刺激となってしまうケースもあり、あまり好ましくありません。

アトピー性皮膚炎の治療にプラセンタを利用する場合は、注射や内服によって投与するのが一般的です。この際、炎症がひどく滲出液が出ているようなときには、プラセンタがかえって刺激となってしまうので、注射や服用を避け、症状がある程度治まってから使用するようにしましょう。

プラセンタを利用したアトピー改善法の口コミ

子供の頃からアトピー肌で、あらゆる治療を試してきましたが、症状は一進一退を繰り返しています。同じように悩んでいる先輩に「プラセンタ注射がいいよ」とすすめられ、半信半疑で打ってもらったら、今までにないくらい調子が上がってきました。週に1回の注射とプラセンタのサプリメントで、顔の赤みがだいぶ軽減してきました。(20代・会社員)

ずっとステロイドの塗り薬で対処していたのですが、良くなったように思えてもすぐに症状がぶり返し、根本的な治療にならないなと感じていました。体の中から改善しなければと思い、プラセンタのサプリを飲んでみたら、飲んでいる間は症状が悪化しないことに気が付きました。(20代・アルバイト)

アトピー治療とアンチエイジングを兼ねて、プラセンタ注射を月に1~2回受けています。毎回注射は痛いのですが、アトピーが改善してきただけではなく、シワやシミも薄くなってきて効果をしっかり実感できるので、我慢して続けています。(30代・主婦)