より効果を実感できるおすすめプラセンタ・サプリの選び方を徹底ガイド

効果があるおすすめサプリを知りたい!こだわり派のためのプラセンタナビ

信頼性

プラセンタは、原料となる動物の生育環境や抽出方法によって品質が大きく異なります。中には、効果が薄いプラセンタエキスであるケースも考えられますから、成分の内容が信頼できるものかどうかを見極めなければなりません。そこで、プラセンタの信頼性について考えてみましょう。

プラセンタは品質の高さが効果に直結する

プラセンタは、哺乳類の胎盤から抽出される成分で、豚や馬など動物の種類によっても含まれているアミノ酸や成長因子の量が違いますし、生育環境などによっても品質が異なります。

最近は、マリンプラセンタや植物プラセンタなど、動物以外から抽出される成分も増えているので、同じプラセンタという名称であっても成分の内容は全く異なる場合もあります。

さらに、抽出されたプラセンタに他の美容成分をプラスして、プラセンタそのものの量を少なくしているサプリメントもあります。

プラセンタという名前がついていても、有効成分の内容や濃度が製品によって違います。より効果が高いサプリメントを選ぶためには、品質の高いプラセンタを高濃度で配合しているものを選ぶことが大切です。

豚由来のプラセンタを選ぶならSPF豚をチョイス

豚は1年に数回出産できますし、1回の出産で複数の子供を産みます。原料となる胎盤を、安い価格で大量に入手できることもあり、日本で流通しているプラセンタ製品の多くは、豚由来のプラセンタエキスを利用しています。

しかし、豚は感染症にかかりやすい性質があり、生育の際に多くのワクチンや薬剤を投与されます。さらに、豚特有の感染症や寄生虫などの心配もあるので、胎盤からプラセンタを抽出するときには高温で殺菌しなければなりません。

不要な薬剤や、雑菌を除去する工程で、有効成分が変質したり少なくなってしまうのが、豚プラセンタの問題点と言えますね。

そこで、生育の際の品質管理を徹底し、安全性を高めているSPF豚を選ぶという方法があります。SPF豚は、トキソプラズマなど特定の病原菌を持たないように育てられた豚で、寄生虫や病原菌のリスクが少ない(安全性が高い)だけでなく、高温殺菌を厳重に行う必要がないので、プラセンタの有効成分が変質しにくいメリットがあります。

馬由来のプラセンタを選ぶなら国産サラブレッドがおすすめ

馬は元々体温が高い動物で、寄生虫や感染症のリスクが少ない性質があり、ワクチンや薬剤をそれほど多く使っていないので、安全性の高い素材です。

しかし、馬は1年に1回しか出産せず、1回の出産で1頭しか生まれないので、採取できる胎盤が少ないという欠点があります。安全で有効成分も多く含まれている優良な素材ですが、希少であるため価格が少し高めになってしまいます。

そんな馬の胎盤から抽出されるプラセンタの中でも、特に品質が良いとされているのは国内産サラブレッドのプラセンタです。サラブレッドは、特定の牧場で徹底した品質管理のもと、1頭1頭大切に育てられているので、安全性が高く有効成分も多く含まれています。

日本におけるプラセンタ製品の最高峰と言えるのが、国産サラブレッドの胎盤から抽出されたプラセンタなのです。