より効果を実感できるおすすめプラセンタ・サプリの選び方を徹底ガイド

効果があるおすすめサプリを知りたい!こだわり派のためのプラセンタナビ

抽出方法・製造方法

動物の胎盤からプラセンタを抽出する方法や、殺菌方法など、加工の手段によってもサプリメントの効果が異なってきます。より高い効果を発揮するプラセンタの加工方法について考えてみましょう。

プラセンタは熱に弱い!?

プラセンタはほとんどがタンパク質でできていますが、タンパク質は熱で成分が変性しやすく、せっかくサプリメントに加工してもアミノ酸や成長因子の効果が薄れてしまう場合があります。しかし、動物の胎盤を原料としている性質上、加熱殺菌は避けられず、有効成分をどれだけ残しながら製品に加工するかという点が大きな課題となるわけです。

プラセンタのサプリを製造しているメーカーでは、原料の品質や抽出方法にこだわって、できるだけ成分を変性させないように加工する方法を研究しています。

プラセンタの抽出方法はさまざま

胎盤からプラセンタを抽出する方法はいくつかありますが、日本で主に行われている方法について解説します。

  • フリーズドライ(凍結乾燥)法
    素材を凍らせて乾燥させる方法。99%以上の純プラセンタエキスが抽出できる方法として、広く用いられています。
  • スプレードライ法
    低コストでプラセンタを抽出できる方法のひとつ。熱変性しやすいことと、デキストリンなどで希釈する必要があるので、プラセンタだけの純度を保つことが難しい点がデメリットです。
  • 酵素分解法
    加熱殺菌せず、低温処理だけ施した胎盤を酵素の力で分解させ、プラセンタを抽出する方法です。

低温殺菌で安全に製造されているものが効果的

プラセンタに含まれているアミノ酸や成長因子など、有効成分をより多く残したままサプリメントに加工するためには、加熱殺菌する温度や時間を低めに抑えるのが一番。

しかし、安心して飲めるサプリメントに仕上げることも重要ですから、まずは低温殺菌でも耐えられるほど安全性の高い素材を厳選しているかをチェックしましょう。

例えば、国内産のサラブレッドを原料としている商品など、安全性も有効成分の含有量も高い素材を原料として、低温殺菌やできるだけ加熱しない抽出方法で加工されているサプリメントを選ぶとよいですね。